崎山の5分が命取りブログ

崎山の5分が命取りブログ

Just another WordPress site

引っ越しも一家で行おうとすると

読了までの目安時間:約 15分

 

引っ越しも一家で行おうとすると、引っ越し当日にしかできないことも多いものです。作業だけで一日終わってしまうでしょうから、あらかじめ終わらせておけることがあれば終わらせておけば当日の負担が減ります。引っ越したらすぐに、水道や電気、ガスなどを使用可能にしておくことはどんなことにも優先して終わらせておき、引っ越す日まで使いそうなものは、他の荷物と一緒にならないようにし、取り出しやすくしておくことも大事です。引越しで居住地が変われば、書面やウェブ上で届け出ますが、転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。固定電話の番号も、転居に伴って変わってしまうことがあります。引っ越しが決まったら、NTTに連絡してください。引っ越し先で新しい電話番号を使うための手順を知っておくことが大事です。ご存じの通り、固定電話の番号は、市外、市内局番、個別番号の順になっています。市内局番のエリアが変わらない転居であれば、引っ越ししても電話番号は変わらないことになります。住まい探しについては、よく行く駅の近くにある不動産屋さんで、探してもらっていました。そこで担当してくれた人がとても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。近所に何軒かある他の不動産屋さんへも訪れて、部屋探しを手伝ってほしいと依頼する気でしたが、別のサイト掲載の物件も、何の問題もなく紹介してくれると担当の方が仰るので、お店のハシゴはせずに、帰ることにしました。厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてしまってある衣類の梱包をする際は引っ越し会社から借りることができる衣装ケースが存在しますから、これを用いると梱包作業が大変スムーズになるでしょう。普通のダンボールを使うとたたんで詰めていくので手間がかかりますが引っ越し用の衣装ケースを利用できるとハンガーにかけてある状態で、すぐケースにどんどん移動させて梱包できます。運搬先でも、今度は衣装ケースからダイレクトにクローゼットなどの家具にかけていけます。今、来月の引っ越しのために準備していますが、引っ越し先までピアノを持っていくかこの際、処分するかどうか悩んでいます。もうピアノを弾くつもりはありません。ただの飾りにしかなりません。そうかといって、処分するだけでもそれなりの費用がかかると思いますし、悩みは尽きません。無料で譲ることも考えましたが、そういう方もなかなかいないものですね。引っ越しのため、自分のものを全部整理しました。クローゼットのあらゆるものを引っ張り出してみたところ、もう使わないものが大半だったので我ながら呆れました。とりわけ服はずっと着ていなかったものが大半でした。結果として、引っ越しをきっかけに仕分けして処分することになり、クローゼットの中だけでなく、私の気持ちもスッキリしました。引っ越し代を安く済ませたい方にとって、味方になってくれるのが赤帽です。中でもコンパクトな引っ越しにおいては評価が高い引っ越し業者です。料金が時間制なので、ご自身もドライバーと一緒に荷物を運べば引っ越し作業にかかる時間を出来ると思います。赤帽車は軽自動車なので積載量に不安があるかもしれませんが、一般的な引っ越しの荷物の量であれば、何の問題も無いでしょう。家中のものを引っ越しのために整理していると、不要品は必ず出てきます。様々なものを処分するのは大変です。そこで、ちょっと確認してほしいのは多くの引っ越し業者が行っている、不要品を引き取るサービスです。ものによっては、一部の業者がもともと有料で処分するべきものをリサイクルなどの扱いでただで引き取ってくれることもあるので、引っ越し業者に聞いてみてください。大半の世帯では、引っ越しの際に公共料金の支払いなど、生活の様々な面を再度見直すことになりますが、漫然と支払っているNHK受信料も見直して良いのではないでしょうか。もし、引っ越し先でテレビがないとすれば受信料という無駄なお金を払う必要もないので、口座からの引き落としなら金融機関に連絡して止めてもらい、解約する方向に持って行く手続きを、やってみる価値はあります。賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、立会いとよばれる、お部屋チェックがあるのです。管理会社から物件の担当者が部屋に来て、最後の時点の、室内点検があります。無事にこれが済みましたらやっと退去です。ケースごとに多少違ってきますが、払うべき公共料金の支払いはすっかり終わらせているべきですし、鍵についてはスペアを含め、全部返すことになっていますので、気を付けましょう。私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。進学、就職をきっかけに引っ越したのですが、毎回苦労するのが荷作りです。そこでわかったことですが、単身者の引っ越しであれば、値が張るのは覚悟して、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うと頑丈な荷物になります。ただでもらえるスーパーのダンボールやクラフトテープなどどは、荷物の頑丈さが違ってきます。途中で荷物が壊れないようにするためにも、妥協せず手に入れましょう。引っ越しの際には何かとお金が要るものですが、業者の選び方で出費を抑えることが出来ます。後から後悔しないためにも、安くて安心な業者を選べたら良いですよね。多少費用が高い場合も、ゴミや不用品を回収してくれるサービスをしてくれる業者もあるようですので、見積もりをとる時には複数の引っ越し業者にお願いして、セットのサービス内容と合わせて検討してみるのが良いでしょう。専門業者の引っ越しでは、日程など、引っ越しの大まかな内容が決まったところで、一社、あるいは複数の業者に見積もりを依頼し、業者との間で諸条件に折り合いをつけられれば、はじめて今後の作業を依頼することになります。業者に荷造りを丸投げせず、自分で荷造りする契約であれば普通は、梱包材を業者からもらえるので、それを使って準備します。引っ越し当日は、作業の流れについてすべて業者に任せて大丈夫です。引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、引っ越し前と後の近所の人に挨拶した方が今後の生活を気持ちよく過ごすためにも良いと思います。挨拶をサボると関係が拗れてしまうことも珍しくないからです。普通に生活しているつもりでも思いもよらない迷惑をかけていることもあるものです。円満に解決するためにも、隣人になる相手には、可能であればきちんと挨拶に伺った方が好印象でしょう。どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。このような苦労をどのように減らせばいいのかですが、はじめに、時間に余裕を持たせた計画を作りましょう。そして、あまり考え過ぎずに大まかに計画を実行します。当然、計画通りに進められるのなら問題ありませんが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。予約を入れて、引っ越し作業を依頼しておいた場合、直前になってキャンセルをすると、引っ越し業者からキャンセル料金を請求されてしまいます。見積もりを見せる時には、業者はキャンセル料のことについても説明する義務を負います。ところが、口頭でなく書面で示されると書類を読まずにいると、キャンセル料についてわからないままになりますので、引っ越しの予約を入れようとする時に、キャンセル料がいつ発生するか聞いておけば、間違いがないでしょう。引っ越しで、一人暮らしの場合、ベッドか布団かは悩むところです。ワンルームに住むとすれば、かなりの面積を占めるのがベッドです。さらに、引っ越し業者がいろいろ技を使っても、ドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまう困った事態になることもあります。そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることをスタートしてみるのも部屋をより広く使えるようになりますよ。引っ越しの日も間近に迫ってきたのに、家のエアコンはどうしたらいいのか決まっていない、といった悩みをお持ちではないですか。エアコンの取り外しや取り付けは、専門知識のない個人ではなかなかできませんから、なら購入先の電気屋に任せるべきでしょうか。あるいは、業者に引っ越し当日、取り外してもらうか、そして、引っ越し先での取り付け工事はどうするか、といったように、わからなことだらけで悩みますね。エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで相談してみてはいかがでしょうか。地方から就職のために都会にきていよいよ一人で暮らし始めようとした時のことですが、部屋に持ってくる荷物が少なくて、あれこれ検討しましたが、ヤマト運輸の宅急便で引っ越すことに決めました。荷物の総量がなんとダンボール7個か8個でしたし、引っ越し業者の利用よりも全然安い値段で引っ越せました。ある種の生活必需品、たとえば布団とかは転居先で買おうと思っていました。なので荷物を最低限以下にできて、こんな引っ越しもできました。いろいろな手続きを、引っ越しの際には行わなければなりません。重要なものの筆頭に、役所への転出届と転入届があります。転出届が先で、転出する市区町村の役所で手続きをしてもらってきます。それから転入先の市区町村の役所に届け出て転入の手続きをします。言うまでもなく、転出届とセットでないと引っ越し先で転入届を出せないことにもくれぐれも注意してください。他の手続きをするためにも、転出届と転入届は欠かせないので忘れずに手続きしましょう。先日引っ越したのは良いのですが、聞いていたとおり、本番を迎えるまでが大変でした。それまで住んでいたのはマンションだったので、大きい荷物は業者任せにしました。近所に引っ越したこともあって、お金を浮かせようと大きな荷物以外は何日も前から時間をとって、借りた台車に少しずつ積み、転居先に運びました。本当に、台車にはお世話になりました。荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、どうしようと慌てる方が結構いらっしゃいます。冷蔵庫は引っ越しに備えて、前の日までに庫内を空にして、電源を切っておき、一晩で下の水滴貯めパレットに水がたまるため、捨てておけば準備は完璧です。そのため、冷蔵庫の中のものは全て、前日までに計画的に消費し、常温で保管できるものを買うように配慮し、冷蔵庫にものを入れなくても生活できるようにしましょう。一人暮らしの方が引っ越すなら、引っ越しサービスも通常のパックではなく、単身者向けパックを利用してみると比較的安く引っ越せます。このようなパックは多くが専用コンテナを使っており大して荷物が入れられないというイメージを持つでしょうが、運べる荷物は結構多いのです。収めきれなかった荷物があれば残りは宅配便などの利用を考えましょう。学校を卒業した直後、二部屋の賃貸を友達と一緒に借り、一時住んでいました。当時のアパートは、どこでもペット不可で友達は猫と一緒に暮らしていたため猫を飼っても良い物件を苦労して探しました。不動産屋さんにも何度も問い合わせて猫が飼える物件に出会いました。引っ越しもすぐに済ませて私も、友達も、猫も満足できました。一回引っ越ししてみればすぐ気がつくことでしょうが、旧居のガスを解約しなくてはなりません。私も、世帯での引っ越し経験があります。解約自体が大変ということはありません。きちんと解約手続きを終わらせないと転居後に使われた分も請求されてしまいます。くれぐれも注意が必要です。また、転居した月の月末まで料金の支払いは自分のところに来るのです。引っ越しの際、業者選びは大事です。「どこでもいい」という訳には決していきません。そして、「選ぶ基準がわからない」「どこがいいのか判断できない」ということでしたら全国に支店のある大手にしておくと少なくとも、失敗はしないでしょう。例を挙げるなら、アリさんマーク引っ越し社といったような、知名度の高いところです。全国展開しているような大手ですから、利用する人も大変多く、仕事をそれだけやってきたということです。社員教育もしっかりしている場合が多いですし、効率よく引っ越しを進めてくれるでしょう。生活に必要な手続きとして、電話回線の引っ越しも考え直した方が良いでしょう。現在の生活では、固定電話を使わない家庭も多いと思いますが、固定電話を使い続けるという意見がまとまったら、引っ越しても電話回線を使えるようにするための手続きを忘れてはなりません。手続きがもたもたしていると電話が使えないことで生活の一部が不自由になるので、引っ越しを決めたらできるだけ早めに動き出すことをおすすめします。面倒な引っ越し作業に時間を使いたくないという方は、アート引越センターに作業を依頼すると、計画通りに進みます。荷造りに必要な段ボールの準備や、引っ越し当日の家具の梱包から運搬など、ありとあらゆる引っ越し作業をお手伝いしてくれます。一人では難しい家具運びもきちんと対応してくれますから安心ですし、順調に転居先に移ることができます。就職したのを機に、10年ほど前に今のアパートに引っ越すことになりました。3年くらい働いたところで、実家の近くに転職したかったので住所変更しなくても良いと思っていました。けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利で思ったより長居してしまい、この土地で結婚しても良いかと思うようになり、地方税はこの町の方が安かったりするので、これからでもいい、住民票を移そうかと考えているところです。引っ越しの際の出費について、思っていたより高い、と感じる人が多いのはエアコンを取り外したり、設置したりする工賃です。エアコンを取り付けたり、外したりするのは、専門家の仕事になりますので、工事費の例としては、取り付け一台で一万円と少し、といったところだそうです。ただ、引っ越しと同時にエアコンの取り付けまでしてくれる契約をしているのであれば安くなるはずですが、新居にエアコンを運んだのはいいけれど、設置の段取りはしていなかった、という場合は取り付け工事をしてくれる会社を探して頼むか、新しいエアコンを買って設置してもらい、古い製品の引き取りもしてもらうように相談するなどよく検討しましょう。ただ言えることは、古いクーラーだったら買い替えた方が、電気代は得するようです。
大阪市此花区 引越し 見積もり

 

転居

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る